【朝のぴっかり姑の笑い】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【ことわざ】
朝のぴっかり姑の笑い

【読み方】
あさのぴっかりしゅうとめのわらい

【意味】
朝のお天気と姑の笑顔は信用できない。

【語源・由来】
朝の天気と姑の笑顔は、変わりやすく当てにならないことから。

【類義語】
・朝日のちゃっかり姑のにっこり

【スポンサーリンク】

「朝のぴっかり姑の笑い」の使い方

健太
晴れているね。今日一日こんな感じかな。
ともこ
朝のぴっかり姑の笑いというから、この天気が続くとは限らないわよ。
健太
天気だと良いんだけどな。
ともこ
人間の思い通りにはならないわね。

「朝のぴっかり姑の笑い」の例文

  1. 朝のぴっかり姑の笑いというから、一応折り畳み傘は持っていこう。
  2. 朝のぴっかり姑の笑いという、晴れることを期待してベランダに洗濯物を干していこう。
  3. 朝のぴっかり姑の笑いというが、本当に天気が急変した。
  4. 朝のぴっかり姑の笑いといわれるから、この後晴れるかもしれないよ。
  5. 朝のぴっかり姑の笑いという、科学の英知を集結した雨雲レーダーをチェックしよう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ!ことわざ本




ことわざ・慣用句のLINEスタンプ発売中♪

「ことわざ・慣用句の百科事典」で使用している、当サイトのオリジナルイラスト素材が、LINEスタンプとしてついに発売開始されました。

意味を考えながらLINEスタンプを繰り返し使うことで、楽しくことわざや慣用句を覚えることができますよ♪