【挨拶は時の氏神】の意味と使い方や例文(類義語・語源由来・英語訳)

【ことわざ】
挨拶は時の氏神

【読み方】
あいさつはときのうじがみ

【意味】
もめ事が起きた時、仲裁人は氏神様のようにありがたいものだから、従うべきであるということ。

【語源・由来】
「挨拶」は、ここでは仲裁や仲裁人の意。「氏神」とは、住んでいる土地の人々を守護する神の意。

【類義語】
・時の氏神
・仲裁は時の氏神
・仲人は時にとっての氏神

英語訳
Blessed are the peacemakers.

「挨拶は時の氏神」の意味として「元気のいい挨拶は場を明るくし、幸運をもたらす神のような行為である」と受け取ってしまいがちだが、これは間違っています。
「挨拶を上げる」という言葉もあり、こちらは「争いの仲裁を取りやめる」という意味です。
【スポンサーリンク】

「挨拶は時の氏神」の使い方

健太
昨日お父さんとお母さんが喧嘩してたよ~。
ともこ
ええー大変だったね~。
健太
何とか僕が間に入って仲直りしてくれたよ…。
ともこ
挨拶は時の氏神ね!よくやったじゃない!。

「挨拶は時の氏神」の例文

  1. 友達の夫婦が喧嘩していた。挨拶は時の氏神と思ったが、喧嘩した理由が馬鹿馬鹿しかったために仲裁に入らなかった。
  2. 町を歩いていたら言い争いを目撃し、挨拶は時の氏神と思い仲裁し、争いを鎮めることができた。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ!ことわざ本




ことわざ・慣用句のLINEスタンプ発売中♪

「ことわざ・慣用句の百科事典」で使用している、当サイトのオリジナルイラスト素材が、LINEスタンプとしてついに発売開始されました。

意味を考えながらLINEスタンプを繰り返し使うことで、楽しくことわざや慣用句を覚えることができますよ♪