【東男に京女】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】

東男に京女

【読み方】

あずまおとこにきょうおんな

【意味】

男は粋でたくましい江戸っ子が良く、女はおしとやかで女性らしい京都の女が良いという事。

このことわざに類する各地の男女の組み合わせは多くあり、「東男に京女」はその中の代表的なものとして知られています。
また「京女に江戸男」と表すこともあります。

【語源由来】
このことわざは、一説によると「初舞台 あづま男に 京女」という川柳が由来だとされています。これは歌舞伎界を表す川柳とされています。
ある時、江戸での歌舞伎に上方(関西圏)出身の女形の役者が出演したところ、色気や所作がとても好評だったようです。当初は役者の出身地と演じる役との相性を表した言葉とされています。
それからというものの、江戸の人々は、上方出身の女形だけでなく、実際の京女への憧れを募らせ、このことわざが定着したとされています。

【類義語】
・伊勢男に筑紫女
・越後女に上州男
・越前男に加賀女
・京男に伊勢女
・京女に奈良男
・讃岐男に阿波女
・竜野女に姫路男
・筑前女に筑後男
・名古屋女に宮男
・南部男に津軽女
・北男南女

【英語訳】
・Woman of Kyoto for a man of Kanto.
・The most masculine men come from Edo, and the most feminine women from Kyoto.
・The best combination is an Edo man and a Kyoto woman.

【スポンサーリンク】

「東男に京女」の使い方

健太
お正月は母方の祖父母の家に遊びに行く予定なんだ。
ともこ
そうなんだ、どこまで行く予定なの?
健太
母は京都出身だから、京都まで行く予定だよ。
ともこ
じゃあ、君のご両親は東男に京女なんだね。素敵だね。

「東男に京女」の例文

  1. あのカップルはまさに東男に京女で、とても仲が良く相性もばっちりだ。
  2. 東男に京女とは言うが、実際はあまりあてにならない。現にあの二人はあまり気が合わないようだ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事