【当たるも八卦、当たらぬも八卦】の意味と使い方に例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】
当たるも八卦、当たらぬも八卦

【読み方】
あたるもはっけ、あたらぬもはっけ

【意味】
占いは、当たることもあるし、はずれることもあるのであまり気にすることはないという教えである。

【語源・由来】
占いは、当たる時と当たらない時がある。

【類義語】
・合うも不思議 合わぬも不思議
・合うも合わぬも夢
・八卦の八つ当たり・
・当たるも不思議当たらぬも不思議

【英語訳】
Fortune-telling does not always come true.

八卦とは易で、陰陽を表す算木を組み合わせて作る八つの形。いわゆる占いのことである。試しにやってみようという時にも使われることもある。何かに挑む時には最適な名句と言える。
【スポンサーリンク】

「当たるも八卦、当たらぬも八卦」の使い方

健太
おみくじ引いたら、大凶だったぉ~、1日憂鬱だぁ
ともこ
どうしたの?なんでそんなに落ち込んでいるの?何かあったの?
健太
おみくじ引いたら、大凶で、さっき犬のウンチ踏んじゃったんだ。
ともこ
健太くん、おみくじなんて引くたびに違うから、当たるも八卦、当たらぬも八卦なのよ。落ち込むなんて損よ。

「当たるも八卦、当たらぬも八卦」の例文

  1. 占いなんて当たるも八卦、当たらぬも八卦。落ち込むことはない。
  2. おみくじも時の運。当たるも八卦、当たらぬも八卦
  3. 今日の占いは、注意日。当たるも八卦、当たらぬも八卦
  4. 御神籤を引いたら大吉だったけれど、当たるも八卦、当たらぬも八卦。明日は違うかもしれない。
占い以外の当たり外れに使うのは誤りである。

まとめ

占いやおみくじの結果はある程度の力になる事もあるが、占いやおみくじに惑わされたり、捉われたりせず時には度胸が必要になってくる場合もある。占いやおみくじを理由に不安になったり、心配が増えていくのはとてももったいない。占いやおみくじは、参考程度にとどめておくのが良い活用の仕方と言える。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事