【案ずるより産むが易し】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】
案ずるより産むが易し

【読み方】
あんずるよりうむがやすし

【意味】
あれこれ心配するよりも、思い切って取り組むと、案外うまくいくものだという教え。

【語源・由来】
子供を産む前にいろいろ心配するよりも、実際に産むほうがたやすい。

【類義語】
・案じる子は生み易い
・案じるより芋汁
・案じるより団子汁
・思うより産むが易い
・案じるより豆腐汁
・窮すれば通ず

【英語訳】
・Fear is often greater than the danger.(危険そのものは恐れたほどひどくないことが多い)
・An attempt is sometimes easier than expected.(やってみると、思っていたより易しいことがよくある)

【スポンサーリンク】

「案ずるより産むが易し」の使い方

健太
皆の前でしゃべることになっちゃったのに、失敗しないで出来た、よかったぁ~。
ともこ
健太くん、どうしたの??
健太
今回のクラスの発表会の進行役は僕だったんだけど、いざ話を始めたらすらすらしゃべれててうまく行ったんだ。
ともこ
案ずるより産むが易しだったのね。よけいな事考えていた時間もったいなかったね。

「案ずるより産むが易し」の例文

  1. 明日の面接試験、失敗したら落ちると思っていたが、案ずるより産むが易しでうまくいった。
  2. 息子の生活発表会失敗したら、どうしようかと思っていたけど、最後まで冷静に踊っていた。案ずるより産むが易しだった。
  3. 時間内にこなせるか、焦ったが、案ずるより産むが易しで、始めたら、スムーズに終わった。
易しを安しと書くのは間違いである。

まとめ

考える事は、とても大切だが必要以上に考えすぎてしまったり、不安や心配が過剰にならないために、このことわざを覚えておくと、頭の切り替えがうまくできるように変わっていくものである。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ!ことわざ本