【腸がちぎれる】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】
腸がちぎれる

【読み方】
はらわたがちぎれる

【意味】
耐えきれない、耐えがたい悲しみのたとえ。

【語源・由来】
昔、中国で猿の子供を捕らえて舟に乗せたところ、母猿が川岸をどこまでも追いかけてきて、ついには舟にたどり着いたものの息絶えてしまった。そこで母猿の腹を裂いてみたところ、捕らえられて連れ去られる子猿を思う悲しみのために、腸がずたずたに断ち切れてしまっていた、という故事が由来。
「はらわた」とは、臓腑(ぞうふ)、内臓(ないぞう)のこと。

【類義語】
・断腸の思い(だんちょうのおもい)

【英語訳】
To eat one’s heart out with grief.

「腸(はらわた)がよじれる」は、誤り。
【スポンサーリンク】

「腸がちぎれる」の使い方

健太
ともこちゃん、どうして泣いているの?
ともこ
ずっと一緒に暮らしていた犬が、病気で死んでしまったの。
健太
それは、腸がちぎれる思いだね。
ともこ
ええ、悲しくて涙が止まらないわ。

「腸がちぎれる」の例文

  1. 大切な家族を失うということは、腸がちぎれるほどの悲しみを覚える。
  2. 親友の訃報に、腸がちぎれるような思いだった。
  3. 家族のように暮らしてきた愛犬が亡くなったときには、腸がちぎれる思いだった。
  4. 父を亡くしたときは、とても悲しくて腸がちぎれる思いをした。
  5. 腸がちぎれる思いで、家族を捨てて家をでたことは忘れられない。
「腹がよじれる」と間違えて、笑いすぎるの意味で使わないように注意。
「腸がちぎれるほど面白かった。」と使うのは誤り。

まとめ

腸のちぎれるような、深い悲しみを経験するということは、とてもつらいことではないでしょうか。
由来となった故事の母猿は、大切に育てていた子猿を急に失ってしまい、想像を絶する悲しみを味わったのではないでしょうか。
また、母猿を失ってしまった子猿の悲しみも、とても深いものではないでしょうか。
日々、家族や友人を大切に思いながら暮らしたいものですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事