【あちら立てればこちらが立たぬ】の意味と使い方の例文

【ことわざ】
あちら立てればこちらが立たぬ

【読み方】
あちらたてればこちらがたたぬ

【意味】
物事は両立しにくく、一方をよくすればもう一方が悪くなるというたとえ。また、二人の主人に仕えるのはうまくいかないということ。

【類義語】
・出船によい風は入り船に悪い
・両方立てれば身が立たぬ


「あちら立てればこちらが立たぬ」の使い方

健太
昨日は、帰宅したら父さんと母さんが喧嘩をしていて困ったよ。
ともこ
ああ、それは困るわよね。
健太
父さんと母さんは、僕を味方につけようとあれやこれやしてくれるんだけど、あちら立てればこちらが立たぬというやつで、どちらの味方もできないし困り果ててしまったよ。
ともこ
それはもう、嵐が過ぎ去るのを待つしかないわね。

「あちら立てればこちらが立たぬ」の例文

  1. 部長派と専務派の間に挟まれて、あちら立てればこちらが立たぬで困ってしまう。
  2. 学校側とPTAの仲介役になってしまい、あちら立てればこちらが立たぬで、疲れてしまった。
  3. 主役級の女優が二人も同じ現場にいると、あちら立てればこちらが立たぬの状態になる。
  4. 友人二人に、どっちの味方なのと詰め寄られたが、あちら立てればこちらが立たぬで答えることができるわけがない。
  5. 今までの取引先を取るか新規の取引先を取るか、あちら立てればこちらが立たぬで迷った。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事