【合わせる顔がない】の意味と使い方の例文(慣用句)

【慣用句】
合わせる顔がない

【読み方】
あわせるかおがない

【意味】
面目なくて、その人に会いに行けない。その人の前に出られない。

【スポンサーリンク】

「合わせる顔がない」の使い方

健太
うわー。ともこちゃん。
ともこ
なんで、そんなに驚いているの?
健太
テストの前に、あれだけ熱心にともこちゃんに勉強を教えてもらったのに、赤点ぎりぎりだったから合わせる顔がないと思って、ともこちゃんに会わないようにしていたものだから。
ともこ
赤点が無かったのね?それは進歩したじゃない。このまま、勉強を頑張りましょうよ。

「合わせる顔がない」の例文

  1. 僕に契約を断られたら、部長に合わせる顔がないのだろう、彼はいつもよりとても低姿勢でやってきた。
  2. 受験して落ちたのなら、まだ、両親にいいわけが出来るが、寝過ごして、受験ができなかったというのでは、合わせる顔がない
  3. 学生時代に熱く夢を語り合った、あの思いはどこに行ってしまったのか、あの頃の友人に合わせる顔がない
  4. お嬢様は、いらっしゃることにはいらっしゃるんですが、合わせる顔がないということで、お部屋からお出になりません。
  5. 自分のミスのせいで試合に負けたので、チームのみんなに合わせる顔がなく、部室に戻ることができなかった。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事