「ことわざ・慣用句」のLINEスタンプ発売中♪

【汗水垂らす】の意味と使い方や例文(慣用句)

汗水垂らす

「汗水垂らす」の意味(類義語)

意味

【慣用句】
汗水垂らす

【読み方】
あせみずたらす

【意味】
一生懸命働くさまをいう。

ことわざ博士
「汗水垂らす」という表現は、一生懸命に働いて、汗をたらすことからきているんだ。

これは苦労を厭わず、とても努力している状態を示す表現だよ。

助手ねこ
つまり、「がむしゃらに働く」ってことやな。水のように汗が垂れるほど、一生懸命に仕事をする様子を言うんやな。

これは、めっちゃ頑張ってる人に使う言葉やな。

【類義語】
汗水流す

【スポンサーリンク】

「汗水垂らす」の解説

カンタン!解説
解説

「汗水垂らす」っていう言葉は、一生懸命に働く人のことを表しているんだよ。汗がたくさん出て、まるで水が垂れるように見えるほど、頑張って仕事をしている様子を表しているんだ。

でも、それは文字通りに汗をたくさんかいているという意味だけじゃないんだよ。たとえば、エアコンがきちんと効いている部屋で、パソコンに向かって一生懸命に働いている人も、「汗水垂らす」って言うことができるんだ。それは、その人が仕事に対して真剣に取り組んでいて、一生懸命に頑張っているということを示しているからだよ。

だから、「汗水垂らす」って言葉は、汗をかいているかどうかよりも、その人がどれだけ頑張っているか、どれだけ仕事に真剣に取り組んでいるかを表しているんだね。

「汗水垂らす」の使い方

健太
ともこちゃんは、昨日、家庭菜園で何していたの?
ともこ
昨日は、我が家の収穫祭をやったの。今年は、キュウリ、トマト、ピーマン、ジャガイモ、カボチャ、スイカなど、たくさん収穫したよ。
健太
すごいな。僕の家は、庭が小さいけど、ネギとかアスパラはよくできたみたい。バーベキューはしたの?
ともこ
もちろんよ。汗水垂らして働いたので、お腹がぺこぺこになり、取り立ての野菜はどれも美味しかったわ。お肉も最高だった!
【スポンサーリンク】

「汗水垂らす」の例文

例文
  1. 教授は、学会で発表する論文を汗水垂らして書き上げた後、しばらくは放心状態になった。
  2. 僕たちは、汗水垂らして、ようやく山頂にたどり着いた。
  3. 彼は、汗水垂らして稼いだ金を、生活費を切り詰めてまで、将来のために貯金していた。
  4. 僕が汗水垂らして作り上げた模型飛行機は、あざやかな弧を描いて飛んだ。
  5. 両親は、一生懸命汗水垂らして働き、念願のマイホームを手に入れた。

ことわざ・慣用句のLINEスタンプ発売中♪

「ことわざ・慣用句の百科事典」で使用している、当サイトのオリジナルイラスト素材が、LINEスタンプとしてついに発売開始されました。

意味を考えながらLINEスタンプを繰り返し使うことで、楽しくことわざや慣用句を覚えることができますよ♪