【鼻で笑う】の意味と使い方の例文(慣用句)

【慣用句】
鼻で笑う

【読み方】
はなでわらう

【意味】
相手を見下してあざけり笑う。鼻先でふんと笑う。

【スポンサーリンク】

「鼻で笑う」の使い方

健太
お店で、店員さんからハッシュタグを付けて投稿していただければ、この粗品を差し上げますって言われたから、ハッシュタグってなんですかって聞いたら、鼻で笑われたんだ。
ともこ
あら、それはひどいわね。スマートフォンを使っていない人もまだまだいるって言うのに。
健太
本当にね。少数派が生きやすい優しい世界になってほしいよね。
ともこ
私たちが大人になった時、そういう社会を目指しましょうよ。

「鼻で笑う」の例文

  1. 彼は社会的に成功していて、自分に自信があるので、よく人の事を鼻で笑うことがあります。
  2. 成績優秀な学級委員長に、健太くんに百点を取ることなんてできるわけがないじゃないかと鼻で笑われました。
  3. あなたはいつも能天気に遊んでばかりで気楽でいいわねと鼻で笑われました。
  4. 彼は人を見下して鼻で笑うことが多いので、あまりクラスメイトに好かれていません。
  5. 僕のテストの点数を見たともこちゃんは、鼻で笑った後、こんな点数を取って恥ずかしくないの?と言いました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事