【一寸先は闇】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】
一寸先は闇

【読み方】
いっすんさきはやみ

【意味】
例えすぐ先の事でも、未来の事は誰にも全く予測できないという意味です。

【語源・由来】
昔は電気がなかったので、街頭も建物の灯りなどもなく、夜道は真っ暗でした。
灯り用の油を買うお金のない家庭なら、家の中も暗かったでしょう。
月が出ていなければ、一寸(約3㎝)先も見えないほどの暗闇でした。
現在では想像もできないほどの暗さです。
この事から、目の前が暗闇で何も見えないように、近い将来ですら何が起きるのか見通しがつかない、という意味で使われるようになりました。
長さの単位である「一寸」を、時間に置き換えたのですね。
「上方いろはかるた」の中の「い」です。

【類義語】
・一寸先は闇の夜
・食えや飲めや、明日は死ぬ身だ
・無常の風は時を選ばず
・面前に三尺の闇有り

【英語訳】
・Nobody knows what may happen tomorrow.
・Who knows what tomorrow will bring?
・We don’t know what’s around the corner.

【スポンサーリンク】

「一寸先は闇」の使い方

健太
今日のサッカー部の試合、スゴイ接戦だったね。選手が一人欠けてたのに、勝てたのが奇跡だよ。
ともこ
そうね。みんな喜んでるけど、圧勝ってわけじゃないから、これからが大変よ。
健太
うん。一寸先は闇って言うし、気を引き締めていかないと。
ともこ
次の試合はどうなるかわからないものね。

「一寸先は闇」の例文

  1. 来年の今頃は会社が倒産しているかも、いや、一寸先は闇というから、明日会社が倒産する事だって考えられる。
  2.  厳しい現代社会を生き抜いていくには、楽観視はいかがなものか。むしろ一寸先は闇であると常に警戒しながら生きていく方が丁度良いと言える。
  3.  一寸先は闇なのに、彼は「この株は必ず大きく値上がりする」と意気込んで、借金返済のためにさらにお金を借りて株を大量に購入した。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事