【金の草鞋で探す】の意味と使い方の例文

【ことわざ】
金の草鞋で探す

【読み方】
かねのわらじでさがす

【意味】
根気強く人や物を探し求めること。

【語源・由来】
鉄で作った草鞋は丈夫で、どれだけ歩き回っても平気なことから。「金」は鉄製のこと。

【類義語】
・鉄の下駄で尋ねる
・金の草鞋で尋ねる

【スポンサーリンク】

「金の草鞋で探す」の使い方

ともこ
誰か文化祭で、誰にもできないようなことをやってくれる人はいないかしら?
健太
うーん。僕もともこちゃんに頼まれたあの日から、金の草鞋で探しまわったんだけど、居なかったんだよね。
ともこ
うーん。困ったわね・・・。あっ。あの人!今、サーカスの人を超えるようなものすごい動きをしたわ。
健太
本当だね。僕も見たよ。あの人に話しかけてみよう!

「金の草鞋で探す」の例文

  1. 今の妻は、僕が金の草鞋で探した、自慢の世界一の妻なんだよ。
  2. 今まで見たことがないような、世の中を驚かせるアイドルの原石を求めて金の草鞋で探している。
  3. 金の草鞋で探しても、彼のような好青年は、もう見つけることはできないだろう。
  4. 年上の女房は金の草鞋で探せと父に言われ続けていたが、その言葉は本当だった。
  5. 金の草鞋で探したのだが、僕が本当に読みたい本は見つからなかったので、自分で書くことにしたんだ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事