【歓心を買う】の意味と使い方の例文(慣用句)

【慣用句】
歓心を買う

【読み方】
かんしんをかう

【意味】
人に気に入られるように努める。「歓心」はうれしく思う心のこと。

【スポンサーリンク】

「歓心を買う」の使い方

健太
ともこちゃん。ともこちゃんのお友達の、あのモデルをやっている子の歓心を買うにはどうしたらいいかな?
ともこ
うーん。彼女は、頭が良くて、優しい人が好きよ。
健太
贈り物で歓心を買うことはできないかな?
ともこ
それは無理ね。彼女は、お金持ちの家のお嬢様だから、欲しいものはすぐ手に入るのよ。勉強をしっかりがんばるしかないわね。

「歓心を買う」の例文

  1. 贈り物で奥さんの歓心を買おうとしないで、態度で愛情を示してあげたほうが良いんじゃないかな。
  2. 上司の歓心を買うためには、お世辞の一つも言えるようにならないと、この会社で生き残ることはできないぞ。
  3. 恐ろしい秘密をともにしている相手だから、怒らせないように、相手の歓心を買っておく必要があった。
  4. テストで百点を取った時だけは、母の歓心を買うことができるため、必死で勉強をしたのだ。
  5. 出世をするためには、社長の歓心を買い、自身の存在感をより一層際立たせる必要があった。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事