【気が若い】の意味と使い方の例文(慣用句)

【慣用句】
気が若い

【読み方】
きがわかい

【意味】
年の割に気持ちが元気で若々しい。

【スポンサーリンク】

「気が若い」の使い方

ともこ
新しく来た校長先生は、50代なのに、気が若くて面白い先生よね。
健太
そうだね。20代の先生より、生徒と会話が通じているもんね。若い人たちの情報についていけるってすごいことだよ。
ともこ
生徒との距離を縮めるために努力をしているのかしら?
健太
それもあると思うけど、溺愛しているお孫さんの影響もあるみたいだよ。

「気が若い」の例文

  1. 彼女は45歳だが、気が若いので、大学生のアルバイトたちの中にすぐに溶け込んで、楽しそうに働いている。
  2. おじいちゃんは、気が若いので。65歳になってから大学受験をして、大学生として楽しそうにキャンパスライフを送っている。
  3. 彼女は気が若い上に、経験を積んでいるから、若者向けの商品の担当に最適だと思うんだよ。
  4. 幼稚園の先生をしている友人は、若い子供たちに囲まれているからか、見た目も若いが、気が若い
  5. 私の父は、気が若いのは良いことだと思うが、体もいつまでも若いつもりで、若者たちと野球をやるので、いつか怪我をしないか心配である。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事