【危急存亡の秋】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
危急存亡の秋

【読み方】
ききゅうそんぼうのとき

「秋(とき)」を、「あき」と読むのは誤りなので注意が必要。

【意味】
危険が目の前に迫り、生き残れるか滅びるかというような岐路にたたされていること。

【語源・由来】
「前出師表(ぜんすいしのひょう)」諸葛亮(しょかつりょう)
三国時代に、魏(ぎ)との戦いに出征する諸葛亮が、後主劉禅(りゅうぜん)に、
「今天下三分して、益州疲弊す。此(こ)れ誠に危急存亡の秋なり」とあるのに基づく。

益州とは、漢代に置かれた州の名前で、現在の四川省を中心とする地のこと。

【類義語】

【対義語】

【英語訳】
Critical moment.

秋という季節は、収穫の時期として四季の中でも最も大切とされている。
秋に実りを得ることができなければ、飢饉を招いてしまい、民は生死の境をさまようことになってしまう。

「危急存亡の秋」の使い方

健太
昨日お父さんと一緒に、今話題の映画を見てきたんだ。
ともこ
どんな映画だったの?
健太
地球に危機が訪れてしまって、みんなが生き残るためにはどうすればいいのかと、主人公が追い詰められていたよ。
ともこ
危急存亡の秋というような内容だったのね。

「危急存亡の秋」の例文

  1. 去年に比べて驚くほど売り上げが減っている。わが社は今危急存亡の秋を迎えてしまった。
  2. 今人気のある漫画だからと友人に紹介されて読んでみると、地球が危急存亡の秋を迎えてしまうという内容だった。
  3. 私たちのチームは試合で一度も勝利したことがない。もし次の試合で勝てない場合は、解散しなくてはならなくなってしまった。まさに、危急存亡の秋だ。
  4. 会社が危急存亡の秋というようなことにならないように、いつもノルマを達成するよう、心がけておかなければならない。

まとめ

危急存亡の秋というような、大変な危機になってしまうことは、とても不安ですね。
そのようなことにならないように、気を付けて暮らしたいものですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事