【今日の一針明日の十針】の意味と使い方の例文(語源由来)

【ことわざ】
今日の一針明日の十針

【読み方】
きょうのひとはりあすのとはり

【意味】
処置が遅れるほど負担がかさむことのたとえ。

【語源・由来】
今日であれば一針縫うことで繕えるほころびも、明日になれば十針も縫わなければならなくなるという意味から。


「今日の一針明日の十針」の使い方

健太
今日の授業の復習をしないといけないんだけど、面倒くさいなあ。明日まとめてやろうかな。
ともこ
今日の一針明日の十針よ。思い立ったときにやらないと、面倒くさいからって明日に後回しにしたら、さらに面倒くさくなるわよ。
健太
明日には十倍になるのかあ。それは嫌だなあ。
ともこ
後回しにしない様に、今から一緒に勉強しましょう。

「今日の一針明日の十針」の例文

  1. 皿洗いをする元気がないけれども、今日の一針明日の十針、今のうちにさっさと洗ってしまおう。
  2. 今日一日練習をさぼったら、今日の一針明日の十針、取り戻すのに十倍の労力が必要になるだろう。
  3. 今やらなかったら、今日の一針明日の十針というように、きっと明日になってさらに面倒くさくなるだろうな。
  4. 今日の一針明日の十針、夏休みの宿題は早めに終わらせましょう。
  5. 洗濯を一日やらなかったせいで、今日の一針明日の十針、干すのに時間がかかり、十倍、いや二十倍の労働になっている気がする。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事