【気が置けない】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
気が置けない

【読み方】
きがおけない

【意味】
緊張したり遠慮するなどの、気遣いの必要がなく、親しく付き合えること。

【語源・由来】
「気の置けない」ともいう。

【対義語】
・気の置ける

【英語訳】
It is frank from the bottom of its mind.

人にも、人以外の物事にも使う。
【スポンサーリンク】

「気が置けない」の使い方

健太
ともこちゃんといると、いつものんびりくつろいでしまうよ。
ともこ
私も、健太くんと一緒にいるのはとても気が楽よ。
健太
気が置けない間柄ということかな。
ともこ
そうだと思うわ。

「気が置けない」の例文

  1. 彼女とはまだ知り合ってそれほど経っていないけれど、すっかり気が置けない間柄になっている。
  2. 彼は学生時代からの友人ということもあって、気が置けない仲間だ。
  3. 隣のお宅の奥さんとは、知り合った時から気が置けない関係になって、今では家族ぐるみで親しくしている。
  4. 今度の旅行で泊まる宿は、気が置けない宿だから、まるで我が家の様にくつろげると思うよ。
  5. 彼女が私の家に泊まりに来ると、気が置けない話をしているうちに、朝になってしまう。
「気が置ける」と間違えて、気が許せない、油断ならないという意味で使うのは誤りなので注意が必要。
「彼女は気が置けないから、注意して付き合ったほうがいい。」
「彼は気が置けないから、あまりいろいろなことを話してはいけないよ。」などと使うのは誤り。

まとめ

人と付き合うときには、気を遣ったり、遠慮をしたりすることが、あるのではないでしょうか。
しかし、なにかの縁やきっかけで分かり合うことで、気が置けない仲になることがあるかもしれません。
遠慮せずに付き合うことのできる人がいるということは、素晴らしいことで、とても楽しいのではないでしょうか。
ぜひ、気が置けない間柄になれる人に、出会いたいものですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事