【嘴が黄色い】の意味と使い方の例文(慣用句)

【慣用句】
嘴が黄色い

【読み方】
くちばしがきいろい

【意味】
年が若く、経験が足りないことをあざけっている様子。

【由来】
ひな鳥の嘴が黄色いところから。


「嘴が黄色い」の使い方

健太
僕は、まだまだ嘴が黄色いから、もっと空手を頑張って先生を支えられるようになりたいな。
ともこ
そうね。それを聞いたら、先生はとても喜ぶんじゃないかしら。でも、空手だけじゃだめよ。
健太
勉強も!だよね。頭も体も鍛えないとね。
ともこ
その通り!

「嘴が黄色い」の例文

  1. 君は嘴が黄色いが、師匠からすれば僕だって嘴が黄色い小鳥だ。
  2. まだ、嘴が黄色いころからあこがれていた先生が近くにいるので、人を押しのけて話しかけにいった。
  3. 彼は、自分の肩書の自慢ばかりする嘴が黄色い学者ではなく、研究を愛している本当の学者だ。
  4. 嘴が黄色い少年ばかり集めて軍隊を作るだなんて、この国は終わっているなあ。
  5. わたしは、アンチであることがかっこいいと思っている、嘴が黄色い連中には全く興味はない。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事