【口が掛かる】の意味と使い方の例文(慣用句)

【慣用句】
口が掛かる

【読み方】
くちがかかる

【意味】
①芸人・芸妓などが客の座敷に呼ばれる。
②仕事の注文などを受ける。
③仲間などから誘いがある。

「口」は、仕事や役割

【語源・由来】
芸人が客から座敷に呼ばれる意味から転じて。

【類義語】
・口をかける


「口が掛かる」の使い方

健太
ともこちゃんは、優秀で手際が良いから、先生が手伝ってほしいことがあるときは、いつもともこちゃんが呼ばれるよね。
ともこ
そうね。先生が困った時に口が掛かる便利屋さんみたいなものね。
健太
でも、ボランティアでやっているんでしょう。偉いよね。
ともこ
表向きはそうだけど、お菓子をもらったりしているわよ。

「口が掛かる」の例文

  1. あのイベントでの手腕をかわれて、彼の仕事ぶりを見ていた他社から口が掛かったそうだ。
  2. 手品が得意な彼は、宴会というと必ず口が掛かるので、日々練習を怠らない。
  3. 人数が足りないから土曜日が空いているなら、バイトに入ってくれないかと口が掛かった。
  4. 百貨店のイベントに出店してから、すこしずつ口が掛かるようになってきた。
  5. サッカーをやるにはあと一人足りないから、一緒にやらないかと口が掛かった。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事