【嘴を入れる】の意味と使い方の例文(慣用句)

【慣用句】
嘴を入れる

【読み方】
くちばしをいれる

【意味】
人のおこないや話に口出しする。出しゃばって言葉をさしはさむ。


「嘴を入れる」の使い方

健太
今日は、大変な目にあったんだよ。
ともこ
何をしでかしたの?
健太
毎回、僕が原因であるみたいに言わないでよ・・・。あのね、友人二人が口喧嘩をしていたから嘴を入れたんだ。そうしたら二人に、しかも同時に「うるさい、関係ないやつは黙ってろ」っていわれたんだ。とても怖かったよ。
ともこ
喧嘩に嘴を入れるときは、タイミングをはからないといけないから難しいわね。大変だったわね。

「嘴を入れる」の例文

  1. 彼は「お前が、もう一度でも余計な嘴を入れたら許さないぞ」と怒っていた。
  2. 彼女は暇だと、周りのことに嘴を入れはじめるので、忙しくさせておいた方がいい。
  3. 他人のことには嘴を入れないようにしっかり注意をしておいた。
  4. 「まったく、その通りだよ」と、全然知らない人が僕たちの会話に嘴を入れてきた。
  5. 議論がまとまにそうにないので、遠慮がちに嘴を入れた。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事