【目が早い】の意味と使い方(慣用句)

【慣用句】
目が早い

【読み方】
めがはやい

【意味】
素早く気がついて見る。見つけるのが素早いという意味。


「目が早い」の使い方

健太
あれ、ともこちゃん髪の毛切った?
ともこ
うん、今日美容院行ったの。健太くん目が早いね。
健太
ともこちゃん可愛くなったよ。

<例文>

  1. 目が早いおばさんはバーゲンセールで安くていい品物を見つけてくる。
  2. 女子高生は、流行ものには目が早い
  3. もう見つけたの?目が早いね。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事