【目から鼻へ抜ける】の意味と使い方(慣用句)

【慣用句】
目から鼻へ抜ける

【読み方】
めからはなへぬける

【意味】
①抜け目がなくやる事素早い様子。
②非常に利口で賢いさまのたとえ。

【類義語】
・一を聞いたら十を知る
・一を推して万
・一を以て万を知る

【対義語】
・一を知りて二を知らず
・十を聞いて一を知る
・其の一を知りて其の二を知らず
・目から耳へ抜ける
・一知半解


「目から鼻へ抜ける」の使い方

ともこ
やったー。今日の慣用句のテストで100点とったよ。
健太
ともこちゃんは、本当に目から鼻へ抜ける人だね。

<例文>

  1. 僕の父親はどんな困難な問題に直面しても、目から鼻へ抜けるような対応ができる自慢の父親だ。
  2. 僕のペットの犬は、目から鼻へ抜ける非常に利口な犬だ。
  3. 目から鼻へ抜けるような子供に育って欲しい。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事