【目が光る】の意味と使い方(慣用句)

【慣用句】
目が光る

【読み方】
めがひかる

【意味】
悪いことを見逃さず、しっかりと見つめているという意味。

【類義語】
目を光らす


「目が光る」の使い方

健太
この辺りで、どうやら泥棒が出たみたいだよ。
ともこ
沢山の警察官の目が光っているわね。

<例文>

  1. 校門で生活指導の先生の目が光っている
  2. 警察の目が光る
  3. テストでカンニングをしないように先生の目が光る
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事