【目が無い】の意味と使い方(慣用句)

【慣用句】
目が無い

【読み方】
めがない

【意味】
①夢中になって、思慮分別をなくすほど好きである。
②ものを見分ける力がない。

【スポンサーリンク】

「目が無い」の使い方

ともこ
わぁ、パンケーキだ!食べたい!
健太
あはは。ともこちゃんは、パンケーキには目が無いね。

<例文>

  1. 弟はチョコレートには目が無い
  2. 本質を見る目が無い
  3. 私みたいな美女をふるなんて目が無い男ね。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事