【目を奪われる】の意味と使い方の例文(慣用句)

【慣用句】
目を奪われる

【読み方】
めをうばわれる

【意味】
目を惹きつけられるほど、素晴らしいという意味。見とれてしまう。


「目を奪われる」の使い方

健太
今日のともこちゃんは綺麗だね。目を奪われるよ。
ともこ
えへへ、今日はおしゃれしてみました。

<例文>

  1. 今日の結婚式で、新婦さんがあまりにも綺麗で目を奪われたね。
  2. 五月の若葉は目を奪われるほどのあざやかな緑です。
  3. 宝石の山に目を奪われた
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事