【目が高い】の意味と使い方(慣用句)

【慣用句】
目が高い

【読み方】
めがたかい

【意味】
ものを見分ける力が優れているという意味。


「目が高い」の使い方

健太
ともこちゃん、僕はこの絵がいいと思う。
ともこ
さすが健太くん。目が高いわね。その絵はピカソよ。

<例文>

  1. このお茶碗を選ぶなんて目が高い
  2. さすが若旦那、お目が高い
  3. これをお選びになるとは目が高い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事