【目を皿にする】の意味と使い方の例文(慣用句)

【慣用句】
目を皿にする

【読み方】
めをさらにする

【意味】
物を一生懸命探す様子。驚いた顔つき。注意深く見ること。

【類義語】
・目を皿のようにする

【英語】
・keep one’s eyes peeled
・keep one’s eyes skinned

【スポンサーリンク】

「目を皿にする」の使い方

ともこ
あれ〜おかしいな、どこにあるんだろ?
健太
ともこちゃん、さっきから目を皿にして何を探しているの?
ともこ
私が残しておいたおやつがないのよ。
健太
あ、ごめん。僕が食べちゃったんだ。

「目を皿にする」

  1. お小遣いを落としてしまった弟は、目を皿にして部屋中探している。
  2. 彼は、急な出来事に緊張して、目を皿のようにしているのが分かる。
  3. コンタクトレンズを落とした妹は目を皿のようにして探している。
  4. あまりの言われようでショックを受けて目を皿にする
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事