【目も当てられない】の意味と使い方の例文(慣用句)

【慣用句】
目も当てられない

【読み方】
めもあてられない

【意味】
あまりにも気の毒で見ていられないという意味。

【スポンサーリンク】

「目も当てられない」の使い方

ともこ
健太君、今日は一日中先生に怒られっぱなしだったね。大丈夫?
健太
うん、目も当てられない一日だったよ。

<例文>

  1. 今日のボクシングの試合は相手選手と力の差がありすぎて、目も当てられない試合だったよ。
  2. 殴られすぎて、目も当てられない顔になった。
  3. 今日の野球の試合は、目も当てられないほどの負け試合だった。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事