【目を配る】の意味と使い方の例文(慣用句)

【慣用句】
目を配る

【読み方】
めをくばる

【意味】
よく気をつけて、あちらこちらを見るという意味。


「目を配る」の使い方

健太
今日、道を歩いていたら溝にはまっちゃった。
ともこ
健太くん、道を歩くときは、前方だけでなく、四方にしっかりと目を配って歩かないとダメよ。

「目を配る」の例文

  1. 保育園の先生は、児童が怪我をしないように常に目を配る必要がある。
  2. 警備員は、怪しい人がいないかどうか、常に目を配っている
  3. 評判の良い先生というのは、頭が良い生徒だけでなく、ちゃんちゃで勉強が苦手な生徒にも目を配る
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事