【目を晦ます】の意味と使い方の例文(慣用句)

【慣用句】
目を晦ます

【読み方】
めをくらます

【意味】
人の目をごまかす。見えないようにするという意味。

【英語訳】
pull the wool over sb’s eyes

【スポンサーリンク】

「目を晦ます」の使い方

ともこ
あれ、ここにあった私のおやつ知らない?
健太
ごめん、ともこちゃんがトイレにいっている間に少し食べちゃった。
ともこ
もうっ!私の目を晦まして、人のおやつをつまみ食いしないでよ!
健太
ごめんね、ともこちゃん。。

「目を晦ます」の例文

  1. 父の目を晦まして財布からお金をとった。
  2. 追っ手の目を晦ます
  3. 警察の目を晦まして、2年間も逃げ回った。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事