【目の黒いうち】の意味と使い方(慣用句)

【慣用句】
目の黒いうち

【読み方】
めのくろいうち

【意味】
命のあるうち。生きている間。


「目の黒いうち」の使い方

健太
僕の目の黒いうちは、ともこちゃんは絶対に幸せにするよ。
ともこ
健太君、ありがとう。いつも優しいね。

<例文>

  1. おばあさんは、自分の目の黒いうちに、この作品を完成させたいと言っている。
  2. 僕の目の黒いうちは、絶対に認めない。
  3. 私の目の黒いうちは、この子には手を出させない。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事