【目に余る】の意味と使い方(慣用句)

【慣用句】
目に余る

【読み方】
めにあまる

【意味】
①黙って見ていられ泣いほど、あまりにもひどい様子。
②数が多くて一目で見渡すことができない。

【スポンサーリンク】

「目に余る」の使い方

ともこ
健太くんの部屋はゴミだらけで、本当に目に余る汚さね。
健太
ごめん、すぐに片付けるよ。

<例文>

  1. ポイ捨てタバコをする人たちは目に余る
  2. 目に余るほど沢山の人達が会場に来てくれた。
  3. 大人になって目に余る振る舞いは恥ずかしくないかい?
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事