【目に留まる】の意味と使い方(慣用句)

【慣用句】
目に留まる

【読み方】
めにとまる

【意味】
目に付いたり見えたりする。気に入り注目されるという意味。

【スポンサーリンク】

「目に留まる」の使い方

ともこ
実は私、渋谷で女優にスカウトされちゃったの。
健太
さすがともこちゃんだね。スカウトの目に留まるなんて。

<例文>

  1. 電車の中の広告のキャッチコピーがふと目に留まった
  2. 上司の目に留まるように仕事を頑張ろう。
  3. きれいな蝶々が目に留まる
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事