【目を剥く】の意味と使い方の例文(慣用句)

【慣用句】
目を剥く

『目を剝く』とも書く

【読み方】
めをむく

【意味】
怒ったりおどろいたりして目を大きく見開く。

【スポンサーリンク】

「目を剥く」の使い方

ともこ
健太くんのこの前のテストの点数を見て、先生がおどろきのあまり目を剥いて叫んでいたわよ。
健太
そうでしょう?今回は、相当がんばったからね。先生が目を剥く結果になって当然でしょう。
ともこ
先生が、健太は恋にでも落ちて生まれ変わったのかって言っていたわよ。
健太
あはは。恋に落ちなくても、僕は、やるときはやる男なのですよって先生に言っておいてよ。

「目を剥く」の例文

  1. すっぽかした、と聞けば普通の人ならば顔色を変え、目を剥くことだろうが、彼は違ったのだ。
  2. 本人が聞けば目を剥くようなことを、彼は涼しげにさらりと言ったのだった。
  3. テーブルの下から、見知らぬ男が二人も出てきたのだから、彼女はおどろいて目を剥いたのだった。
  4. 父の会社を辞め、独立して自分で商売を始めたいと言ったら、父は目を剥いて怒りだした。
  5. 母は、僕のけがを見て、目を剥いて加害者の家に怒鳴り込んだのだった。
  6. まさに目を剥くような大戦果をあげながらも、残るのは疲労感だけだった。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事