【根掘り葉掘り】の意味と使い方の例文(慣用句)

【慣用句】
根掘り葉掘り

【読み方】
ねほりはほり

【意味】
根を完全に掘り起こすように、何から何まで、事こまかく、しつこく問いただすこと。
「葉掘り」には意味はなく、「根掘り」に語呂を合わせただけ。

【由来】
根を掘り起こすときには、枝分かれした根を徹底的に隅々まで掘ることから。

【スポンサーリンク】

「根掘り葉掘り」の使い方

健太
ともこちゃんのお兄さんは、何歳?趣味は何?どこの大学に行っているの?
ともこ
ええ~。なんで健太くんが、うちのお兄ちゃんのことを根掘り葉掘り聞いてくるの?
健太
ああ、それは、えーっと。ともこちゃんのお兄ちゃんに一目ぼれした人がいて、探るように言われたからで・・・。
ともこ
ええっ。お兄ちゃんに?あんなののどこがいいんだろう?

「根掘り葉掘り」の例文

  1. 私は段々興奮してきて、いよいよしつこく根掘り葉掘り聞きただしたが、しかしどうも肝心の私の知りたいことは恐ろしくて訊けなかった。
  2. 殺人事件の発見者となってしまった彼は、警察から犯人と疑っているかのように根掘り葉掘り詮索された。
  3. どうして私は彼のことを根掘り葉掘り知ろうとしてるんだろう、彼が好きなのだろうか。
  4. おばあさんがしくしく泣き出したので、私はもうそれ以上、彼の死因について根掘り葉掘り聞けなかった。
  5. 近所のおばさんに私の近況について根掘り葉掘り聞かれた。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事