【ピッチを上げる】の意味と使い方の例文(慣用句)

【慣用句】
ピッチを上げる

【読み方】
ぴっちをあげる

【意味】
作業の進め方を速くすること。


「ピッチを上げる」の使い方

ともこ
健太くん、ピッチを上げて宿題をやらないと提出期限までに間に合わないわよ。
健太
うん。これは、あと三問で終わるよ。間違えていなければいいんだけど。
ともこ
この後は、社会と理科が残っているんだから、どんどんピッチを上げていくわよ。
健太
宿題をやらずにためておいた過去の自分が憎らしいよ。ああ、どれだけピッチを上げれば間に合うんだろうか。

「ピッチを上げる」の例文

  1. この書類を来週には部長に提出したいから、ピッチを上げて仕上げてくれたまえ。
  2. 健太くんが追いかけてくる足音が聞こえてきたので、逃げ切るために、ピッチを上げて走った。
  3. 電車が発車するメロディが聞こえてきたので、ピッチを上げて、階段を駆け上った。
  4. 料理が来てから、うまいうまいとピッチを上げてお酒を飲み始めた。
  5. 図書館で借りた本を読むピッチを上げなくては、返却期限に間に合わない。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事