【頭が切れる】の意味と使い方(慣用句)

【慣用句】
頭が切れる

【読み方】
あたまがきれる

【意味】
頭の回転が早く、てきぱきと物事を処理する能力があるという意味。


「頭が切れる」の使い方

ともこ
ちょっとー!なんで私が学級代表なのよ!
健太
それは、ともこちゃんが頭がキレるからだよ!

<例文>

  1. 鈴木君は頭が切れるので、チームのリーダーに適任だね。
  2. ともこちゃんは頭が切れるから、将来は東大に合格できるかも。
  3. 会社の上司の佐藤さんは、頭が切れるできる上司だ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事