【頭が下がる】の意味と使い方(慣用句)

【慣用句】
頭が下がる

【読み方】
あたまがさがる

【意味】
感心したり、尊敬したりする気持ちになるという意味。

【スポンサーリンク】

「頭が下がる」の使い方

健太
ももこちゃんは、いつも周りの人に優しくて頭が下がるよ。
ともこ
健太君も、空手頑張っているし、頭が下がるよ。

<例文>

  1. 病気の父親に代わって、若くして仕事をしている山田くんには頭が下がる
  2. シングルマザーで子供3人を育て上げた母親には頭が下がる
  3. 辛くても、それを周囲に見せない鈴木さんには頭が下がる
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事