【渡りに船】の意味と使い方(類義語・語源由来・英語訳)

【ことわざ】
渡りに船

【読み方】
わたりにふね

【意味】
・困っている状況(じょうきょう)の時に、思いもかけない助けがあること。
・望んでいるものが、都合(つごう)よく得られること。

【語源・由来】
仏教の経典(きょうてん)「法華経(ほけきょう)」に含まれる「薬王品(やくおうぼん)」にある「渡りに船を得たるが如く(わたりにふねをえたるがごとく)」向こう岸に渡ろうとしていたとき、都合よく船が置いてあったことに由来します。

【類義語】
・地獄に仏(じごくにほとけ)
・日照りに雨(ひでりにあめ)
・大海に木片(たいかいのもくへん)

【英語訳】
・windfall(風のせいで落ちた果物のこと:思いがけないさずかり物)
・godsend(思いがけない幸運)
・Your coming is a godsend.(幸運にも君がきてくれた。)
・It’s a godsend like a finding a ship when someone needs to cross a river.

法華経は大乗仏教(だいじょうぶっきょう)の教科書のようなものです。
仏(ほとけ)さまの教えは大乗仏教としてインドから中国、日本の方に広がりました。また小乗仏教(しょうじょうぶっきょう)は東南アジアへ広がりました。ことわざには経典に由来するものが多くあります。

「渡りに船」の使い方

健太
あー、助かった。
ともこ
たくさんの資料!運ぶの大変だったでしょ。
健太
たまたま台車があったんだ。
ともこ
渡りに船ってこのことね。

「渡りに船」の例文

渡りに船と思ってお願いしました。
これが渡りに船ということです。
渡りに船とはよく言ったものだ。
渡りに船とはいかないよ。

「渡りに船」は「渡りに舟」とも書きます。「船」は大型のもの、「舟」は手漕(てこ)ぎの小さなものをさします。語源からすると「舟」ほうがより適切な表現なのかもしれません。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事