【我が家に勝る所無し】の意味と使い方の例文(語源由来)

【ことわざ】
我が家に勝る所無し

【読み方】
わがやにまさるところなし

【意味】
自分の家ほどくつろげる場所はないということ。

【語源・由来】
アメリカの劇作家ジョン・ペインの叙情詩「ホーム・スイート・ホーム」より。

【スポンサーリンク】

「我が家に勝る所無し」の使い方

健太
我が家に勝る所無しって本当だよね。
ともこ
そうね。旅行は楽しいけれども、移動するのに疲れてしまうからね。
健太
我が家に勝る所無しって感じるために旅行に行っているようだね。
ともこ
が家に勝る所無しって気が付くことができるってことは幸せなことなのかもしれないわね。

「我が家に勝る所無し」の例文

  1. 我が家に勝る所無し、都会に出たら実家のある田舎の良さに気が付きました。
  2. ハワイは素晴らしかったけれども、我が家に勝る所無しだね。
  3. どんなに評価が高いホテルに宿泊しても、我が家に勝る所無し、我が家にいる時が一番落ち着きます。
  4. 我が家に勝る所無し、こんなにリラックスすることができる場所は、ここ以外この世に存在しない。
  5. 我が家に勝る所無しというから、この旅館を造るにあたって、我が家のような宿を目指しました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事