【夜を徹する】の意味と使い方の例文(慣用句)

【慣用句】
夜を徹する

【読み方】
よをてっする

【意味】
一晩中寝ないで物事をする。徹夜する。

【スポンサーリンク】

「夜を徹する」の使い方

ともこ
健太くん。昨日の雷は、すごかったわね。
健太
うん。すごかったね。昨夜の落雷で、多くの家が停電してしまったんだけど、夜を徹した復旧作業のおかげで、今は、すべての家で、電気が復旧しているそうだよ。
ともこ
だれかのがんばりのおかげで、私達は、便利な暮らしを続けることが出来ているのよね。
健太
そうだね。そのだれかに感謝する気持ちを忘れてはいけないよね。

「夜を徹する」の例文

  1. 夜を徹して、白熱した議論が交わされると思うから、今日は、そのまま会場のホテルに泊まってくると思うよ、
  2. 夜を徹して、駅前の崩落した道路の修復工事を行いました。
  3. 夜を徹して、システムのエラーを直していたので、今日は、会社を休ませてください。
  4. そのお祭りは、夜を徹して行われ、明け方に、町中を練り歩いた御神輿が海に放り込まれます。
  5. 僕が小さいころ、四日間高熱が続いた時、祖母が夜を徹して神社でお祈りをしてくれたおかげで、翌日には熱が下がり、それ以来病気らしい病気になったことがありません。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事