【開いた口へ牡丹餅】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】
開いた口へ牡丹餅

【読み方】
あいたくちへぼたもち

【意味】
思いがけない幸運が舞い込んでくることのたとえ。
努力をしていないにも関わらず、幸運に恵まれることのたとえ。

牡丹餅とは、もち米とうるち米を合わせて炊いたご飯を、軽くついて丸めたものに、餡やきな粉をまぶしたもの。
春秋の彼岸に仏前に供えるもの。
春に作るものを「ぼたもち」、秋に作るものを「おはぎ」ということもある。
思いがけない災難にあったときに使うのは誤り。
「あの事故は開いた口へ牡丹餅だった。」と使うのは誤り。

【語源・由来】
口を開けたところへ、牡丹餅が落ちてくるということが由来。

【類義語】
・鴨が葱を背負って来る(かもがねぎをしょってくる)
・棚から牡丹餅(たなからぼたもち)

【英語訳】
He thinks that roasted larks will fall into his mouth.

【スポンサーリンク】

「開いた口へ牡丹餅」の使い方

健太
昨日お母さんに留守番をするように頼まれたんだ。
ともこ
そうだったの。
健太
急におばあちゃんが訪ねてきて、おみやげにケーキを買ってきてくれたんだ。
すごくおいしかったよ。
ともこ
開いた口へ牡丹餅だったのね。

「開いた口へ牡丹餅」の例文

  1. 遠縁のおじさんが亡くなって、身内が私だけということで莫大な遺産を相続することになった。開いた口へ牡丹餅とはこのことを言うのか。
  2. 就職の面接に落ちてしまい、帰り道を歩いていたら、モデルにならないかとスカウトされたんだ。開いた口へ牡丹餅というような話だよ。
  3. それほど営業成績が良いわけではないにも関わらず、開いた口へ牡丹餅というような、昇進の話に驚いている。
  4. 公園で出会った人にもらった宝くじが一等に当選していて、開いた口へ牡丹餅だ。
  5. 今度の大会で優勝することは、開いた口へ牡丹餅というわけにはいかないだろう。

まとめ

期待をしていないにも関わらず、思いがけないところから幸運が舞い込むことは、とてもうれしいことですね。
しかし、開いた口へ牡丹餅ということばかり期待をせずに、努力をし向上をすることを心がけて暮らしたいものですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事