【朝雨は女の腕まくり】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【ことわざ】
朝雨は女の腕まくり

【読み方】
あさあめはおんなのうでまくり

【意味】
朝の雨がすぐにやむように、女が腕まくりをして強がるのも恐れることはないということ。

【語源・由来】
朝の雨はすぐにやむことから。

【類義語】
・朝雨に傘いらず

【スポンサーリンク】

「朝雨は女の腕まくり」の使い方

ともこ
この雨は一日続くのかしら。
健太
朝雨は女の腕まくりっていうからやむと思うよ。
ともこ
私が腕まくりすると、健太くんは怖くないのね。
健太
・・・怖いからやめて。

「朝雨は女の腕まくり」の例文

  1. 朝雨は女の腕まくりというから、午後には晴れるだろう。
  2. 朝雨は女の腕まくりと昔からいわれる。きっと天気は回復するさ。
  3. 朝雨は女の腕まくりというが、本当にすぐやむだろうか。
  4. 朝雨は女の腕まくりといわれるけれども、雨は止まず、怒った妻は怖い。
  5. 朝雨は女の腕まくりというから、中止の発表はしない。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ!ことわざ本




ことわざ・慣用句のLINEスタンプ発売中♪

「ことわざ・慣用句の百科事典」で使用している、当サイトのオリジナルイラスト素材が、LINEスタンプとしてついに発売開始されました。

意味を考えながらLINEスタンプを繰り返し使うことで、楽しくことわざや慣用句を覚えることができますよ♪