【弱り目に祟り目】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】
弱り目に祟り目

【読み方】
よわりめにたたりめ

【意味】
不運の上に不運が重なること。

「弱り目」は弱っているとき。「祟り目」は、神や仏が起こす災いにあうとき。

【語源・由来】
困っているときに、さらに神や仏の罰が当たることから。

【類義語】
・泣き面に蜂(なきつらにはち)
・痛む上に塩を塗る(いたむうえにしおをぬる)
・損して恥掻く(そんしてはじかく)
・降れば土砂降り(ふればどしゃぶり)
・踏んだり蹴ったり(ふんだりけったり)

【英語訳】
One misfortune calls another.
Misfortunes never come singly.

【スポンサーリンク】

「弱り目に祟り目」の使い方

ともこ
まぁ、健太くんどうしたの?
健太
野球のボールが飛んで行ってしまったから、探していたのだけど、見つけたと思ったら犬の尻尾を踏んでしまったんだ。
ともこ
そんなことがあったの?
健太
犬から逃げているうちに、水たまりで転んで泥だらけになって、ボールもどこかへ無くしてしまったよ。
弱り目に祟り目だ。

「弱り目に祟り目」の例文

  1. 潮干狩りへ行ったときに、妹が迷子になってしまって探しているうちに、弟も迷子になってしまったんだ。弱り目に祟り目だったよ。
  2. 仕事で失敗して落ち込んでいたら、財布も落としてしまって見つからないんだ。弱り目に祟り目とはこのことを言うのだろう。
  3. 弱り目に祟り目というけれど、転んだ拍子に階段から落ちてしまって、さらに捻挫をするなんて参ったよ。
  4. 空き巣に入られたので、家の鍵を新しくしたけれど、今度はその新しい鍵を無くしてしまって弱り目に祟り目だ。
  5. 弱り目に祟り目というように、こんなに不運が続くなんて思ってもいなかったよ。

まとめ

困ったことが起きてしまい、どうしようかと悩んでいる時に、さらに困ることが起きてしまうことがあるのではないでしょうか。
弱り目に祟り目という出来事には、できるだけ出会わずに生活したいものですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事