【商い三年】の意味と使い方の例文

【ことわざ】
商い三年

【読み方】
あきないさんねん

【意味】
商売で利益を上げるまでには三年かかる、三年は辛抱せよということ。


「商い三年」の使い方

健太
兄さんが、せっかく就職できた会社なのに、もうやめるって言っているんだ。
ともこ
ええっ。もったいないわね。あれだけ苦労して就職活動をして得た成果なのに。
健太
そうなんだ。父さんも商い三年、もう少し我慢してからやめるかどうか考えろって説得しているんだよ。
ともこ
覚えることがたくさんあって、今が一番つらいときでしょうからね。乗り切ることができると良いわね。

「商い三年」の例文

  1. 新しく店を始めるなら、商い三年、三年は辛抱できるくらいに貯金をしてから始めなさい。
  2. 商い三年、三年がんばれば、常連さんたちもついてくれて商いが楽しくなると思うよ。
  3. 三年は我慢に我慢を重ねろ、商い三年、とにかくくじけずに辛抱だぞ。
  4. 商い三年、途中で弱音を吐いて放り出さないように、忍耐力と根性で続けることが肝心だよ。
  5. 仕事が面白くないからやめるって、まだ一年目じゃないか、商い三年、三年経たないと仕事の面白さなんてわかるわけがないじゃないか。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事