【雨垂れ石を穿つ】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
雨垂れ石を穿つ

【読み方】
あまだれいしをうがつ

【意味】
どんなに微力だろうと、それを諦めず継続していけば、いつの日にか努力が実るということをたとえている。

【語源・由来】
元々は中国由来の言葉である、前漢のことを記した歴史書『漢書』・枚乗伝に「泰山之霤穿石」と記述されていた。現代語訳すると「泰山に降る雨の霤は石を穿つ」となる。泰山とは、中国山東省中部にある名山を指しており、その山から染み出た雨の雫(蕾)が長い時間をかけ、滴る雫で石を砕いたと言う意味であり、それが転じてきている。

【類義語】
・蟻の思いも天に届く
・石に立つ矢
・一念岩をも通す
・斧を研いで針にする
・思う念力岩をも通す
・愚公移山
・愚公、山を移す
・金輪際の玉も拾えば尽きる
・人跡繁ければ山も凹む
・水滴石を穿つ
・精神一到何事か成らざらん
・塵も積もれば山となる
・釣瓶縄井桁を断つ
・鉄杵を磨く
・点滴石を穿つ
・蚤の息さえ天に昇る
・ローマは一日にして成らず

【対義語】

【英語訳】
・Constant dripping wears away the stone.
・slow but steady wins the race

Constant dripping wears away the stone. 
constant ➡ 絶え間ない
drip ➡ 雫・したたり
wear away ➡ すり減らす
stone ➡ 石
直訳すると、「絶え間なくしたたるしずくは、石をもすり減らす」になる。

slow but steady wins the race
slow ➡ ゆっくり
but ➡ しかし・けど
steady ➡ 着実・堅実・実直
win ➡ 勝つ
race ➡ 競走
直訳すると、「ゆっくり着実にやれば必ず競走に勝つ」になる。

「雨垂れ石を穿つ」の使い方

健太
やっと成功したよ!
ともこ
おめでとう!!長い時間がかかったけど、逆上がりできたね!
健太
ありがとう!途中嫌になりそうになったけど、コツコツ練習したおかげだよ。
ともこ
雨垂れ石を穿つというけど、その小さい練習が成功という大きな実を結んだんだね。

「雨垂れ石を穿つ」の例文

  1. 小さな下町の工場で誰にも見向きされなかったが、雨垂れ石を穿つでやっと努力の成果が実り、世界一位の技術を勝ち取ることができた。
  2. 学生の時に仲間と起業したが、最初の頃は手探り状態だった経営も、雨垂れ石を穿ついうやつで地道な営業でなんとか軌道に乗った。
  3. 中学の時から英語が苦手だった僕に、「まずは単語を1日に数個覚えたら?」と友人にアドバイスをもらいコツコツ覚えていたら、高校で英語の教師をすることになった。これも雨垂れ石を穿ったおかげだ。
  4. 雨垂れ石を穿つという言葉を信用しなかったばかりに、老後の蓄えが全然ない状態を引き起こしてしまった。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事