【足下から鳥が立つ】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語・英語訳)

足下から鳥が立つ

【ことわざ】
足下から鳥が立つ

「足元から鳥が立つ」とも書く。

【読み方】
あしもとからとりがたつ

【意味】
①身近な所で意外なことが起こる。
②急に思いたってあわただしく物事を始める。

【語源・由来】
草むらを歩いているとき足元から急に鳥が飛び立つということから。

「上方(京都)いろはかるた」のひとつ。

【類義語】
・足元から竜が上がる(あしもとからりゅうがあがる)
・寝耳に水(ねみみにみず)
・青天の霹靂(せいてんのへきれき)

【英語訳】
Many things happen unlooked for.

【スポンサーリンク】

「足下から鳥が立つ」の使い方

健太
昨日友達と遊んでいたら、友達が急に帰っちゃったんだ。
ともこ
あらどうして?ケンカでもしたの?
健太
違うよ。急になにか思いついたといって、あっという間に走っていってしまったんだ。
ともこ
足下から鳥が立つようだったのね。

「足下から鳥が立つ」の例文

  1. 息子は何を考えているのかわからないけれど、足下から鳥が立つように、仕事を辞めて海外へ行ってしまった。
  2. うちの嫁は足下から鳥が立つように、家事の仕事の会社を始めたようで驚いた。
  3. 足下から鳥が立つというけれど、こんなことが起こるなんて想像もしていなかった。
  4. 足下から鳥が立つように、定年を迎えた父は陶芸を始めると言って山奥に引っ越しをした。

まとめ

身近に思いもよらないことが起こることも、急に物事を始めることも、どちらも驚いてしまうのではないでしょうか。
しかし、急なことにでもしっかりと対処できるようになりたいものですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ!ことわざ本




ことわざ・慣用句のLINEスタンプ発売中♪

「ことわざ・慣用句の百科事典」で使用している、当サイトのオリジナルイラスト素材が、LINEスタンプとしてついに発売開始されました。

意味を考えながらLINEスタンプを繰り返し使うことで、楽しくことわざや慣用句を覚えることができますよ♪