【朝に道を聞かば、夕べに死すとも可なり】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】
朝に道を聞かば、夕べに死すとも可なり

【読み方】
あしたにみちをきかば、ゆうべにしすともかなり

朝をあしたと読むことに注意

【意味】
朝に人としてのあり方、生き方を悟ることができれば、夕方には死んでしまっても悔いはないというたとえ。
人のあり方を考えることは、とても難しいけれど大切だというたとえ。

「朝(あした)」は、「朝(あさ)」という意味。
「聞かば」は、「聞けば」という場合もある。

【語源・由来】
孔子「論語・里仁(ろんご・りじん)」より。
「人は以て道を知らざるべからず、いやしくも道を聞くを得ば、死すといえども可なり」

【類義語】
・酔生夢死(すいせいむし)

【英語訳】
It will be the best satisfaction if morality is attained.


「朝に道を聞かば、夕べに死すとも可なり」の使い方

健太
こんなにむずかしいことは、いくら考えてもどうしようもないよ。
ともこ
健太くん、あきらめてはいけないわ。
健太
だけど、むずかしすぎてちっともわからないよ。
ともこ
朝に道を聞かば、夕べに死すとも可なりというのだから、答えは簡単には見つからないわ。

「朝に道を聞かば、夕べに死すとも可なり」の例文

  1. 朝に道を聞かば、夕べに死すとも可なりというように、自分がどうあるべきかということは、すぐに答えが出る問題ではないだろう。
  2. 人としてどう生きるかなんてむずかしいことは、明日に道を聞かば、夕べに死すとも可なりというが、簡単には見つからないことだ。
  3. 生きる意味と問われても、明日に道を聞かば、夕べに死すとも可なりで、時間をかけて考えることにしよう。

まとめ

生き方を考え悟るということは、とてもむずかしいことではないでしょうか。
しかし、生き方について考えることは大切なことですね。
わからないから、すぐに答えが出ないからとあきらめずに、じっくり時間をかけて答えを見つけられるように努力したいものですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事