【秋の日は釣瓶落とし】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
秋の日は釣瓶落とし

【読み方】
あきのひはつるべおとし

【意味】
秋の日暮れはとても早いというたとえ。

【語源・由来】
「つるべ」とは、綱に結び付けて、井戸の水を組み上げるおけのこと。
桶を井戸の中に落とすと、すばやく落ちることが由来。

【類義語】
・秋の日の鉈落とし(あきのひのなたおとし)

【対義語】
・春の日は暮れそうで暮れぬ

【英語訳】
We say the autumn sun sinks as quickly as a bucket falling into a well.

「秋の日は釣瓶落とし」を日にちとして用いるのは間違いです。

「秋の日は釣瓶落とし」の使い方

健太
うわー、勉強してたらもう外が真っ暗になっちゃった!
ともこ
本当ね。さっきまであんなに明るかったのに。秋の日は釣瓶落としっていうからね。
健太
いつもよりも集中してただけと思ったら、そうじゃなかったんだね(笑)
ともこ
健太くん、まだ勉強しだしてから10分しかたってないわよ!!

「秋の日は釣瓶落とし」の例文

  1. 秋の日は釣瓶落としで、さっきまであれだけ明るかったのにもう真っ暗だね。
  2. 秋の日は釣瓶落とし、あっというまに日が暮れますね。
  3. もうすぐしたら下山しよう。秋の日は釣瓶落としだからあと少ししたら暗くなるよ。
<間違った例文>

❌秋の日は釣瓶落としで、あっという間に冬が来る。

日にちで使う場合は、「秋の日は釣瓶落とし」は使いませんので、注意が必要です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事