【いい子になる】の意味と使い方の例文(慣用句)

【慣用句】
いい子になる

【読み方】
いいこになる

【意味】
人に褒められるようにする。

【スポンサーリンク】

「いい子になる」の使い方

健太
ともこちゃんは僕の前では雑な言葉を使ったりするのに、先生の前ではいい子になるよね。
ともこ
そうよ。無駄な争いは好きじゃないから、先生の前ではいい子になって、怒られないようにしているのよ。
健太
へえ。でも使い分けるのって難しくない?
ともこ
そんなことないわよ。たまに疲れるけど、健太くんの前で息抜きをしているから大丈夫なの。

「いい子になる」の例文

  1. 彼は、ご両親の前ではいい子になるが、子供だけしかいないところではやんちゃ坊主である。
  2. 彼女は先生の前ではいい子になって、優等生として通っているが、実はかなり悪いことをしていることを知っている。
  3. ともこちゃんは先生の前ではいい子になってスカートの丈を校則通りにしているが、登下校中はミニスカートにしている。
  4. 大人の前でいい子になれないで、悪ぶって見せている子は、大人にかまってもらいたい寂しがり屋である。
  5. 無理にいい子になろうとしなくても、あの先生なら君の良さを分かってくれると思うよ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事